告発の行方 - 羅夢の映画放浪記

告発の行方

告発の行方
評価 ★★★☆☆

ある場末の酒場でレイプ事件が発生し、被害者サラ(ジョディ・フォスター)の証言に基づき、女性検事補キャサリン(ケリー・マクギリス)は3人の男をレイプ犯として告訴。
しかし、被告側は、同意の元で行われたものと主張し、しかもその夜サラは酒に酔い、マリファナをやっていたことなどから、彼女の立場は不利なものへと追い詰められていく…。

6分に1件の割合で発生するというアメリカのレイプ事情を背景に、女性の尊厳、友情、勇気などを強く訴えて、世界中の女性たちから称賛を浴びたジョナサン・キャプラン監督の秀作。
凄絶な集団レイプ・シーンも体当たりで臨んだジョディ・フォスターは、本作の大熱演で見事にアカデミー賞主演女優賞を受賞している。

酒場で起きた複数の男たちによるレイプ事件。
勝ち目がない事件を引き受けた弁護士は調査を進めるが、事件時の原告は酒に酔った上に、マリファナ服用が発覚。
裁判はますます不利に…。

この映画はアメリカのレイプ事件を題材にした作品。
かなりリアルな設定でレイプ事件の難しさがこの映画で体験出来ると思います。

しかし、画面構成が単調で見てて少し飽きてしまう部分もあるかも。
なので、オイラの評価は普通ですが、つまらない作品ではないので興味があったら見てもいいかも。
コメント
非公開コメント

トラックバック

http://ramus.blog36.fc2.com/tb.php/504-66c85b34