ブラック・レイン - 羅夢の映画放浪記

ブラック・レイン

ブラック・レイン デジタルリマスター版 ジャパン・スペシャル・コレクターズ・エディション
評価 ★★★☆☆

ニューヨークの刑事ニックは、白昼のレストランで日本人のヤクザの殺害現場に遭遇する。
犯人の佐藤を逮捕し、日本へ護送するが、途中で逃亡されてしまう。
ニックは日本にとどまり、佐藤を追っていく。

リドリー・スコット監督が独特の映像美で、大阪を舞台に描くハードボイルドな世界。
特筆すべきは、狂気をはらんだ殺し屋の佐藤を演じる松田優作の鬼気迫る演技。

惜しくもこの映画が遺作となってしまったが、リドリー・スコットに絶賛されたという彼の圧倒的な存在感は、忘れられない強烈な印象を残す。

マイケル・ダグラス演じるニックは逮捕者の金を盗んだ過去があり、決してクリーンな刑事ではない。
二ックとは対照的に規律を重んじる実直な日本人警部補を高倉健が演じ、対立しながらも良き相棒となっていく2人の友情も見どころである。

『ブレードランナー』のリドリー・スコット監督による傑作ノワールが、新たな特典映像を収録した2枚組で再登場。
殺人犯・佐藤を日本に護送してきたふたりの刑事は、大阪空港で彼に逃げられてしまい、独自の捜査を開始するが…。

この映画は高倉健、松田優作、マイケル・ダグラスといった面々のハードボイルドアクション。
俳優人を見ても渋い人ばっかり。
ストーリーも渋い、演出も渋い、何もかもが渋い作品です。
刑事物としては、なかなかの異色作のこの作品、オイラ的には評価は普通で、すげー面白かったっという気持ちにはならなかった。
なぜだろうか?
たぶん、派手さがないからだろうか。
この映画は水面下で波もたたせずに事件が起きているような感じで、その静けさがなんとも異様な雰囲気をかもし出しているんだけど、どこか物足りないような気もする。
しかし、この面子で異様な静けさを出している映画なので、そこがこの作品の良さなのかもしれません。
オイラの評価は気にせずに気になる人は見てもいいかも。
コメント
非公開コメント

トラックバック

http://ramus.blog36.fc2.com/tb.php/541-b2d67e9f

【映画】ブラックレイン

ブラックインレ あらすじ・・・はなんだか書くと冗長になりそうなので割愛。 端的に言えば復讐に燃えるアメリカ人刑事の絡んだアクション系ヤクザ映画。 とにかくキャスティングの豪華さで有名な映画。 私は何年も前にTVで見たとおもうんだけど、 全然ストーリー

2008-02-23 22:07 | from 那覇TekTek