エアフォース・ワン - 羅夢の映画放浪記

エアフォース・ワン

エアフォース・ワン 特別版
評価 ★★☆☆☆

最新のテクノロジーと最高権力の象徴である大統領専用機、エアフォース・ワン。
アメリカ合衆国の大統領、ジェームズ・マーシャルを乗せた、その「空の要塞」が、テロリストたちに乗っとられた。
大統領本人を除く全員を人質にした一味は、仲間の釈放を要求する。
人質となった家族に、一味の凶刃が迫る。
家族への愛か、国家への正義か...。
大統領の結論は、単身でのテロリストへの挑戦だった。

監督は『Uボート』など骨太のドラマが得意な、ウォルフガング・ペーターゼン。
スリルあふれる演出と、極限まではりつめたアクションが連続する。
主演ハリソン・フォードをはじめとして、テロリストを演じる怪優ゲイリー・オールドマン、留守を預かる女性副大統領に扮するグレン・クローズらの名演も見ものだ。

ハイジャックされた大統領専用機、エアフォース・ワンを舞台に、H・フォード演じる大統領が闘いに挑むサスペンスアクションが低価格で登場。

この映画はアメリカ大統領を題材にした作品。
ハリソン・フォードの大統領役や敵役の出演者の演技や配役は申し分ない。

しかし、ストーリーが究極にまで美化された、まさにアメリカ万歳?っというか、大統領万歳映画としかいいようがない。

あまりに美的化されすぎていて、ストーリーに無理や矛盾が生じたりで、終始気になってストーリーに集中できなかった。

まぁ、大統領という器を捨てた、ただの男になる格闘シーンはかっこいいが、後半は無駄な死が多すぎたようにも感じた。(前半も犠牲というか、殺されるシーンは多いけどw)
大統領がどんな犠牲を出しても生き残るという事を表現したかったのかもしれないが、犠牲を伴う死というものが軽く表現されており、納得いかない部分も多少あった。

あと大統領は最強で不死身とでも言いたいのか?
ヒーローみたいに悪を成敗するための役職なのか?
等々あまりにも突っ込み要素が多い映画だったw

でも、そんな事ばっかり言ってたら映画なんてつまらないけどねw
この映画に関して言えば、そう言うシーンが目立ってしまったのが原因かも。

脱出するストーリー自体はつまらない物ではないので、評価★3つと迷ったが、今回は★2つとさせて頂きました。
コメント
非公開コメント

トラックバック

http://ramus.blog36.fc2.com/tb.php/568-440a6cc3