7月4日に生まれて - 羅夢の映画放浪記

7月4日に生まれて

7月4日に生まれて スペシャル・エディション
評価 ★★★★★

アメリカの建国記念日に生を受けたロンは、21歳のときに海兵隊員としてベトナムに派遣された。

しかし負傷し、下半身不随となって帰国する。

彼が傷ついたのは体だけではなかった。
信じていた祖国に裏切られたからだ。

自らベトナムで2度負傷し、『プラトーン』でアカデミー賞を受賞したオリバー・ストーン監督。

本作は、ロン・コービックの原作を10年越しの悲願実現で映画化したもので、89年のアカデミー監督賞を受賞している。

『レイン・マン』で演技派に転向したトム・クルーズがロンを演じ、その後の俳優人生を決定づけた。

共演にはウィレム・デフォー、キーラー・セジウィックなどの演技派がそろう。

単なるベトナム回顧にはとどまらず、広い意味で反戦をうたいあげ、人と国を愛することへの尊厳を描いている。

T・クルーズがベトナム戦争に参加し挫折と苦悩を味わう青年を演じる戦争ドラマ。
愛国心溢れるロニーはベトナムへ派兵されるが、そこで見たのは理想とはかけ離れた悲劇だった。

この映画はトム・クルーズの戦争作品。
戦争映画といってもドンパチお互いに打ち合う、そう言った作品ではなく、戦争の残骸を描いた作品。

よくある戦争映画は、どこか片寄った万歳作品が多く、かっこいいから君も軍隊に志願しなさい的な要素が見られるが、この『7月4日に生まれて』という作品は、その後の負傷した兵に注目した映画。

国が勝とうが負けようが、戦争によって1人1人の人生が狂っていく事まで考えていない、戦争とはなんなのか?っと問いかけられているような作りになっている。

始めは兵士も国の為というつつ、戦争に出向くのだが、負傷し戻ってきた時始めて分る事もある。

見ていて色々考えさせられる。

この作品はかっこいいとか、感動とかではないが、戦争について色々考えれる作品なので、一度見る事をオススメします。
コメント
非公開コメント

この映画って有名!?
アカデミー監督賞を受賞してるくらだから有名なのかw

なんか題名聞いたことあるんだよね。。。
もちろん観た事ないですけど(´;ω;`)ウゥゥ

2007-10-24 14:05 | from きほっち | Edit

結構取っ付きにくいマニアックな題名だから、あんましメジャーで出なかったかもしれないw

2007-10-30 01:23 | from ラム | Edit

トラックバック

http://ramus.blog36.fc2.com/tb.php/638-afb57df8