シノーラ - 羅夢の映画放浪記

シノーラ

シノーラ
評価 ★★★☆☆

土地の所有権をめぐって対立するメキシコ国境に近い町シノーラに、流れ者ジョー・キッド(クリント・イーストウッド)がふらりと現れた。
やがて彼は、メキシコ人を迫害する地主一味と対決する羽目になる…。

『荒野の用心棒』などマカロニ・ウェスタンでスターとなったクリント・イーストウッドと『荒野の七人』『OK牧場の決闘』などで知られる名匠ジョン・スタージェス監督の初顔合わせとなったアクション西部劇。

ただしこの組み合わせ、正統派西部劇の監督が異端西部劇スターの個性に合わせて無理やりこしらえた感もあり、エンタテインメントとして決して退屈はさせないものの、結果としては双方の魅力を発揮できないまま終わってしまったのが残念ではある。

C・イーストウッド主演の本格西部劇。
悪地主にだまされたジョー・キッドは、彼と対決する。

この映画はクリント・イーストウッドの西部劇アクション。

毎度お馴染みの渋いクリント・イーストウッドはやっぱり西部劇に激ハマり役ですな。
渋くて渋くてたまりませんw

ストーリーはというと、上記の通り。
悪と対決対決ですよ。

っと言う事で気楽に見る事をオススメw
コメント
非公開コメント

トラックバック

http://ramus.blog36.fc2.com/tb.php/663-b8a8a1fd