HANA-BI - 羅夢の映画放浪記

HANA-BI

HANA-BI
評価 ★★★☆☆

北野 武監督98年公開の7作目。

不治の病に侵された妻を気にかけながらも職務に追われる刑事が、同情した仲間の好意で張り込み捜査の合間を縫って見舞いにいく。

だが、そのわずかな時間に発砲事件が発生、1人が殉職し、快く送り出してくれた部下も半身不随の身になってしまう。

犯人を殺して警察を辞めた彼は、治療費や遺族へ渡す金を工面するためヤクザにまで借金を重ね、やがて首が回らない状況へと陥っていく…。

あたかも夢の情景のような暗く青みがかった映像のなか、挿入される監督自作のシュールな絵の色彩が鮮烈である。

同様に乾いた暴力シーンに対して、例えば置き忘れられた三輪車を主人公がそっと横にどける、といったささやかな行為の描写も目に焼きつく。

北野作品には多い不器用な男の自己表現を、透徹した視線で描いた静かな傑作である。

ベネチア国際映画祭金獅子賞を受賞した、北野武監督作を再発売。
銃で撃たれ、下半身不随となった同僚を見て苦悩する刑事が、余命少ない妻を連れて旅に出る姿を描く。

この映画は北野武監督の第7作目。
終始シュールな雰囲気を漂わせている映画なので好き嫌いがはっきり別れる作品なのではないでしょうか。
オイラ的には1人の男の不器用な生きざまから色々学べる作品なのではないかと思う。
けして真似してはならない反面教師ではあるがThe男といったところかw
コメント
非公開コメント

トラックバック

http://ramus.blog36.fc2.com/tb.php/676-b6bec573