失楽園 - 羅夢の映画放浪記

失楽園

失楽園
評価 ★★★☆☆

不倫をテーマに過激なセックス描写で話題を呼び、流行語にまでなった渡辺 淳の大ベストセラー『失楽園』の映画化。

久木は出版社に勤め、それまでの雑誌編集から閑職の資料整理室勤務となり悶々とした日々を送っていた。
市民講座で書道講師をしている女性と知り合い、互いに妻や夫のある身でありながら、ひかれあい逢瀬を重ねていく。
2人の関係は、やがて互いの家族の知るところとなり…。

森田芳光監督はいつもの才気ばしった映像を配し、セックスを大胆かつ美しく描ききって大成功を収めた。
韓国でも公開されてヒット。
役所広司と黒木瞳といった分別のある中年が互いにのめり込んでいく、ある種のファンタジーを説得力のある演技で表現。
決して新しい素材とはいえない不倫物語に、新たなページを開いている。

渡辺淳一の同名小説を基にした純愛ドラマ。
劇場公開時、日本中に一大センセーションを巻き起こした話題作。
『ニンゲン合格』の役所広司、『SADA』の黒木瞳共演。

この映画は不倫をテーマにした作品。
小説から話題になって映画化したようです。
オイラは小説の方は読んでいません、っというかこの作品のテーマがオイラの興味をそそらないので、買わないと思いますがw

とにかく、映画の方はみてもいいかもと思い、見てみました。

映像や雰囲気は綺麗で良い感じでした、っがやはりオイラの興味をそそるような作品ではないですねw
こういう恋愛に憧れたり、実際に経験ある人は共感がもてる作品なのだろうか?
まぁ、一つのこういう世界もあるんだなぁっと勉強させて楽しませてもらったので評価はギリ普通。
これで眠い構成だったりしたら、オイラの評価はグンとさがりますがw

恋愛の向こう側をこの作品で超えてみては?
コメント
非公開コメント

トラックバック

http://ramus.blog36.fc2.com/tb.php/716-f65d0e2d