インデペンデンス・デイ - 羅夢の映画放浪記

インデペンデンス・デイ

インデペンデンス・デイ (ベストヒット・セレクション)
評価 ★★★☆☆

7月4日、その日は人類にとって忘れ得ぬ独立記念日になる…。

7月2日、早朝のニューメキシコ。
宇宙センターで衛星アンテナが奇抜な音をキャッチした。
報告によると、質量が月の4分の1もある巨大な物体が地球に接近しつつあるという。
その正体は異星人の宇宙空母であることが判明し、突然人類への猛撃が始まる。
7月3日、すでにワシントン、ニューヨーク、ロサンゼルスなどの都市は廃墟と化し、地球滅亡の危機が迫っていた。
米大統領は人類の存続をかけて、宇宙船への核攻撃を決行するが失敗に終わる。
米大統領の指揮の下、ついに人類は史上最大の作戦を開始する……。

7月2日、全米各都市の上空に宇宙船の大群が出現した。
異星人が人類に攻撃を仕掛けてきたのだ。ロサンゼルス、ニューヨークなど、大都市が壊滅状態に。
大統領はエリア51に本部を移し、陣頭指揮を執った。

パニックと宇宙戦争のすごさを描き、同時に極限状態でのヒューマンドラマを織り込んだヒット作。
製作費8000万ドルの巨費を投じ、最新CG技術と伝統的なミニチュア手法の両方を駆使している。
都市壊滅シーン、空中戦シーン、数千人のエキストラによるパニック群集シーン、衝撃的なクリーチャーなど、スペクタクルシーンや見どころが満載だ。

監督はこの映画で超一流監督の仲間入りを果たしたローランド・エメリッヒ。
ウィル・スミス、ビル・プルマン、ジェフ・ゴールドブラムら多彩なキャストがドラマを支える。

この映画はSFパニック作品。
もしも、宇宙人が地球を襲ってきたら?っという感じの想定ストーリー。
3Dを駆使してホワイト・ハウスや自由の女神が破壊されるシーンは凄すぎます。
まぁ、アメリカ万歳作品だけど、普通に面白いです。

オイラの隠れた見所はウィル・スミスが宇宙人を引きづり出して素手でぶん殴り連行するシーンw
思わず吹き出してしまったのを覚えている。
コメント
非公開コメント

これもうちにDVDあり。
旦那の趣味でw

2008-02-21 14:22 | from きほっち | Edit

んー、じゃぁ『アルマゲドン』もあるなw
って、前にビデオもってるっていってたよねw

2008-02-21 23:15 | from ラム | Edit

トラックバック

http://ramus.blog36.fc2.com/tb.php/729-891b2841