スピード2 - 羅夢の映画放浪記

スピード2

スピード2
評価 ★★★☆☆

前の恋に終止符を打ち、新しい恋人アレックスと豪華客船でのクルージングへ旅立ったアニー。
ロマンティックなムードを楽しんでいたのもつかの間、非常事態が発生!
船には無数の爆弾が仕掛けられ、シージャックが敢行された!

新しい恋人と出かけたカリブ海クルージングにやってきたアニー(サンドラ・ブロック)。
船上では三億ドル以上もの宝石を集めたジュエリー・コンベンションが開催されることになっていた。
これを狙って元客船コンピューター・プログラマーのガイガー(ウィリアム・デフォー)が、この船に爆弾をしかけたとシージャックを宣言した…。

前作ではバスや地下鉄といった身近な乗り物でスリルを味あわせてくれたが、本作は豪華グルージング船を舞台にリゾート感溢れるパニックアクションとなっている。
舞台が大海原を行く船上とあって、前作が持つギリギリ感スリルが楽しめないのが難点。
相当速度は出しているのだが、速く感じられないのだ。
船上パニックと思って見れば、『タイタニック』よりおもしろいかも。

この映画は『スピード』の続編、第2作目。
前回の主人公であった『キアヌ・リーブス』はなぜか2には出ておらず、かわりに『ジェイソン・パトリック』にかわっていた。
オイラは最初『キアヌ・リーブス』を探していて、途中で、あっ今回でてこないのねwっとがっかりしたのを覚えている。
しかも、恋人であったアニー『サンドラ・ブロック』との恋が終わって主人公が変わるというシチュエーションは斬新な作りだったが、前回の主人公を期待していただけに萎えてしまった。
ストーリーは舞台が変わったものの内容は変わらず、、、
まぁ、1より面白さは下がってしまっているが娯楽アクションとしては楽しめますよ。
コメント
非公開コメント

トラックバック

http://ramus.blog36.fc2.com/tb.php/748-350e393c