バトル・ロワイアル2 鎮魂歌(レクイエム) - 羅夢の映画放浪記

バトル・ロワイアル2 鎮魂歌(レクイエム)

バトル・ロワイアル II 特別篇 REVENGE [DVD]
評価 ★★★☆☆

近未来、中学3年生同士に殺しあいを強いる法律「BR法」を生き延びた七原秋也(藤原竜也)はテロリストとなって大人たちへの復しゅうを開始し、東京を爆破。
政府は新法律「BRII」を制定し、中学3年の1クラス生徒42名に、孤島に立て籠もる七原の暗殺を命令する…。

国会をも巻き込む問題作として大ヒットしたバイオレンス映画の続編。
深作欣二監督がクランクイン直後にガンで死去したため、息子の健太が代わってメガホンを握った。

監督交代劇の混乱が画面に表れており、現場でシナリオを改定していく作業ゆえか、唐突な設定の数々には観る側も混乱。
しかし、欣二監督が掲げていた“戦争、テロ、七原秋也”のテーマは健太監督が見事に受け継いで描出しており、敵が誰かもわからないまま戦いを強いられる中学生たちの惨劇から、人生に勝ち組も負け組もないことが伝わってくる。

またこの御時世に、堂々と反米を謳い上げたあたりも勇気ある行為。
技術的な質云々を超えて、観る者に問題意識を与えるという意味では、前作以上に必見の問題作である。

社会現象を巻き起こした大ヒット作の続編であり、深作欣二監督の遺作となったバイオレンスアクション。
前作から3年、反BR法組織“ワイルドセブン""""を率いる七原秋也を倒すためにBR法が改正。
政府は42人の中学生を拉致し、七原秋也のアジトに進入させる。

この映画は『バトル・ロワイアル』の続編。
前回生き残った主人公『七原秋也』のその後の物語り。
世界中にこの法案に反対な人達と政府との戦いを描いている。
アマゾン評価を見ると『プライベート・ライアン』に似ているなんてあったが、オイラも思ったw
最初の上陸作戦とか、壁に隠れて進むとか、なんかそのままのような気がするw

まぁ、それは置いといて、今回のテーマは『テロ』。
現実の世界でもテロを今なお続けている人達は、この主人公のように政府に不満をもって正義として戦っているのかな?すごいじゃん!っと思う反面、テロは本当に正義なのか?市民を巻き込んで、それで正義?っと両反面の意見が心の中で交差する。

たしかに、この映画の中ではあまりにも無謀な、だれが見ても絶対悪とする標的に対しての戦いだが、現実世界、絶対悪というより、グレーゾーンの悪の方が多い。

この映画を見て、テロをしている人は信念をもってカッコイイ、テロ万歳!っと写るのがとても恐い。

監督が途中で亡くなられて、息子が変わりにメガホンをとったのは仕方ないが、故監督はどう言う風にテロについて表したかったのか、どういう解釈だったのか、というのは闇の中。
交代のせいなのか良く分らないが、余りにもテロを簡単に表しすぎているのではないかと思った。

もしかしたら、ただのサバイバルゲームの続きだよとか、かっこいいーっと単純に考える人もいるかもしれない。

そうだとしたら、前回のあり得ない設定はあり得なさすぎて面白い娯楽として逆に楽しめたが、今回は余りにも気軽に見れる作品ではないように思えます。(いや、ここは気軽に逆に受け流した方が良いのかなw

今回の戦いもテロに参加したのは政府ではなく雇われ兵(つまりテロをしている生徒と政府に雇われた生徒)という設定は、政府の人間、国の血筋のなるべく傷つけず勝利するという兵の使い方の皮肉なのだろうか。

とにかく、設定にしても作品としてもかなりの問題作である事には違いないw
コメント
非公開コメント

トラックバック

http://ramus.blog36.fc2.com/tb.php/769-fd43b8b2