デイ・アフター・トゥモロー - 羅夢の映画放浪記

デイ・アフター・トゥモロー

デイ・アフター・トゥモロー [DVD]
評価 ★★★★☆

南極──気候学者のジャックは、調査中に大規模な氷棚のひび割れに遭遇する。
それは、二酸化炭素の大量排出に伴う地球温暖化により、海水の温度が上昇している証拠であった。
異常を察知したジャックは副大統領に大規模な避難を進言するが、一笑に付されてしまう。
だが、地球は確実に崩壊へのシナリオを辿っていた。
地球温暖化が天候全体を不安定にさせ、世界規模の大災害を引き起こしたのだ。
ニューヨークでは津波で街が水没。
ロサンゼルスでは巨大な竜巻が街を襲い、東京ではゴルフボール大の雹が降りしきる。
そして地球全体が温度を下げ始め、1万年前の地球と同じ氷河期のような、絶対零度の世界になりつつあった……。

地球温暖化が原因で世界各地で異常気象が発生。
ロサンゼルスに巨大竜巻が襲来し、日本には巨大なヒョウが降り注ぎ、ニューヨークは洪水で水没。
さらに地球は再び氷河期へと突入し、北半球は完全に氷に覆われてしまう。
そんな中でニューヨークの図書館にいて生き残った息子サムを救いだそうと、気象学者ジャックは凍てつくニューヨークへ向かう。

実際に異常気象が続々と起きていることを考えれば、とても絵空事とは言えない作品。
ローランド・エメリッヒ監督は、各地で起きる自然災害をドーンと引いた画で撮影。
CGなのだからいくらでもカメラが回り込んだりする画ができそうだが、こざかしいことをせずに自然の驚異を真っ向勝負で描き出した。
人間ドラマが弱いのは欠点だが、本気で地球の危機に取り組んだ作品としては見応えある1本だ。

この映画は天災による地球滅亡を描いた作品。
『アルマゲドン』等のような災害パニックになっている。
しかし、いつもの天災パニック作品とは違い、どこかリアルで恐ろしさまで感じてしまう作品でもある。
色々な災害が次から次へと起り最悪の方向にいってしまう、無理矢理なストーリーではあるが、一番最悪な状況下でもなんとしても生きてみせる、救ってみせると言う心意気と、サバイバル術が見所。
ちょとしたヒューマンドラマもありで天災パニック作品の中では案外楽しめた。
まぁ、ちょっとしたアメリカ万歳作品でもあるが、娯楽作としてはオススメ。
コメント
非公開コメント

これ、うちにDVDあるよ。
うちの旦那、こういう映画大好きw

2008-02-21 13:56 | from きほっち | Edit

確かにこういう作品って見入ってしまう。
あまりにも強引なストーリーもいっぱいあるけどねw

漫画だったら『ドラゴンヘッド』か『サバイバル』がオススメ。
映画で実写化された『ドラゴンヘッド』はオススメできないがw
まぁ、それなりに世界観は出ていたけどね。

2008-02-21 18:30 | from ラム | Edit

トラックバック

http://ramus.blog36.fc2.com/tb.php/808-ed49e807