クローン - 羅夢の映画放浪記

クローン

クローン
評価 ★★★☆☆

人気SF作家、F・K・ディックの小説をゲイリー・フレダー監督が映像化。
爆弾を埋め込まれた“クローン”だと告げられた天才科学者が、自分の存在を証明するため、ある場所を目指す。

地球に侵入したクローン人間と疑われた男の闘いを描いたSFサスペンスアクション。
出演はゲイリー・シニーズ、マデリーン・ストウほか。

この映画はクローンを題材にしたSFX物語。
主人公が爆弾を積んだクローン人間と化学者が決めつけ、爆弾を取り出す手術を行う。
しかし、主人公はそんなはずはないと、その場から脱走。
自分がクローンではないという証拠を探しに、軍から逃亡しながら自分を証明していくというストーリー。

この体内に埋め込まれた爆弾は精巧に出来ていて、化学者が集結しても発見が難しく、爆弾が埋め込まれていない人も無実の犠牲者になっている。
そんな確立の低さから、この主人公は疑問に思い逃げ出すといった設定だ。

そしてこの主人公はクローンなのか?それが最大の見所といった感じ。

逃亡しながら自分を証明していく、そういう設定は結構ドキドキしながら応援したくなり、盛り上がる。

まぁ、面白かったが結末がちょいオイラ好みではなかったw

最後の設定を変えれば面白かったとかそう言うレベルではなく、ストーリー的にもかなり完成されてるので、この作品の結末が好きか嫌いか、そういう感じの映画でした。
コメント
非公開コメント

トラックバック

http://ramus.blog36.fc2.com/tb.php/824-462c4e16