ブロークン・アロー - 羅夢の映画放浪記

ブロークン・アロー

ブロークン・アロー
評価 ★★★☆☆

ジョン・ウー監督が放つノンストップ・アクション超大作!
盗まれた核弾頭をめぐって、J・トラボルタ×C・スレーターが激突!!

最新銃ステルス爆撃機のパイロット・ヘイル大尉は核弾頭を搭載しての演習中に予期せぬ事態に遭遇する。
隣で操縦していた上司ディーキンス少佐が核弾頭を強奪した上、基地に「ヘイルが狂った」と嘘の連絡。
機外に放り出されたヘイルは、消えたディーキンスの後を追うが──。

ジョン・トラボルタとクリスチャン・スレーター共演のノンストップアクション。
ディーキンス少佐が核弾頭を強奪して逃走。
ヘイル大尉は彼の後を追うが…。

アメリカ空軍の腕利きパイロット、ディーキンズ少佐。
彼はその実力を認めてくれない軍に対し、ついに反旗を翻す。
選んだ報復行動は、核兵器の奪取。
軍は核兵器紛失の暗号「ブロークン・アロー」を発令し、彼の同僚であるヘイル大尉を核兵器奪還の任務に当たらせる。

ジョン・トラボルタVSクリスチャン・スレーター。
ハリウッドの新旧2大スターを主演に迎え、見事全米No.1を獲得したジョン・ウー監督初のハリウッド・ヒット作だ。
製作にマーク・ゴードン、脚本にグラハム・ヨストの『スピード』コンビが参加。
スリリングなアクションエンターテインメント作品に仕上がっている。

この映画は核弾頭を奪って逃走する者とそれを追う者のノンストップアクション。
核兵器を盾に自分の実力を認めさせようとするディーキンズ少佐。
それを阻止しようとする国。
裏切られたヘイル大尉が彼を追う。

ハラハラドキドキするアクションにお金かかってるなぁっと思えるシーンも沢山。
ちょい設定が無理矢理な所もあるが、まぁまぁ娯楽としては良いのではないでしょうか。
コメント
非公開コメント

トラックバック

http://ramus.blog36.fc2.com/tb.php/863-a9a6da67