ブロンドジャンクション - 羅夢の映画放浪記

ブロンドジャンクション

ブロンドジャンクション [DVD]
評価 ★★★☆☆

残忍な女スナイパーが華麗な殺しのテクニックとエロスを武器に暴れ回るバイオレンスアクション。
100万ドルの詰まったスーツケースを巡って、女スナイパー、FBI、平凡な主婦が、騙すか騙されるか、死ぬか生きるかの非道なゲームを繰り広げる。

魅力的な容姿からは想像も付かない極悪非道の殺戮者の女スナイパーと、偶然旅を共にする事になった親子。
その親子にふりかかる悲劇とは・・・。
また消えた100万ドルのゆくえは・・・。
出演は、エリカ・エレニアック、アダム・ボールドウィン他。

この映画はお金を強奪した女スパイの逃走アクション。
100万ドルを奪った極悪非道の女スパイとたまたま出会った親子2人がFBIから逃げるハメになる。
逃げる道中、段々本性を表す女スパイはまさに狂気。
その魅力に惹かれていく息子。
それを阻止して息子と逃げようとする母親。
女スパイを逮捕しようとするFBI。
それぞれの思いが交差していく先にどんな結末がまっているのだろうか?

そんな感じのストーリー。

どこかのレビューに『バカ息子と極悪非道のバカ女スパイの珍道中』といったコメントがあったが、一言で言うならまさにその通り。

オイラ的には女スパイの妖艶な魅力に惹かれるのもいいけど、母親と旅しているのに、その気になってしまう息子の神経もどうかと思う。
まさに典型的なバカ息子といった感じかw

まぁ、ストーリー的にはアレだが、94分と短かめな時間設定なのでサクっと見れるのも特徴。
CMを含めた2時間枠でおさまるように設定されたTV用なのでしょう。

得に心に残るような作品ではないが、TV娯楽としてはまぁまぁよかったのではないでしょうか。
コメント
非公開コメント

トラックバック

http://ramus.blog36.fc2.com/tb.php/866-aab4456a