名探偵コナン 銀翼の奇術師(マジシャン) - 羅夢の映画放浪記

名探偵コナン 銀翼の奇術師(マジシャン)

名探偵コナン「銀翼の奇術師」
評価 ★★★☆☆

劇場版シリーズ第8弾。
日本を代表する舞台女優・牧樹里が主演するその舞台で、彼女が使用しているスターサファイア “運命の宝石” を奪うとの怪盗キッドの犯行予告があった。

シオサイトに新設された劇場 “宇宙” を訪れる小五郎、蘭、コナンたち一行。

しかし公演前、なんとコナンたちの前に工藤新一が現われたのだ。

自分が本当の新一であることを隠しているコナンは、目の前の新一が変装したキッドであることを確信しながらも、そのことを明かせず地団駄を踏む。

一方、蘭は久々の新一との再会に心揺れる。そうこうしているうち、いよいよ樹里の舞台が始まった…。

青山剛昌原作による大人気ミステリーアニメシリーズ「名探偵コナン」の劇場版第8弾。
東京の最新スポット“シオサイト”を舞台に、スター・サファイア“運命の宝石”を狙う怪盗キッドとコナンとのライバル同士の壮絶なバトルが繰り広げられる。

このアニメは『名探偵コナン』の劇場版第8弾目。
作者が大好きな怪盗キッドが再び。
第3作目「世紀末の魔術師」に登場した怪盗キッドとコナンの夢の対決。
ファンも嬉しい作品です。
内容はというと得にいつもの推理ものというより、心理戦というかアクション重点ですね。
飛行機という密室のパニックアクションも見れますよ。
コナンの映画は評価というより、コナンというキャラが一人立ちしてるので、どんな困難に立ち向かわせるかという見方をした方が楽しめると思います。
多少無理があってもこのシリーズはまぁ許せるかな。
黒の組織が終わってしまったらマンネリ化してしまうかもしれないが、まだまだ色々なコナンを見ていたい。
コメント
非公開コメント

トラックバック

http://ramus.blog36.fc2.com/tb.php/879-ac62d3b2