ターミナル - 羅夢の映画放浪記

ターミナル

ターミナル DTSスペシャル・エディション【2枚組】 [DVD]
評価 ★★★☆☆

スティーブン・スピルバーグ監督、トム・ハンクス主演というゴールデン・コンビによる3本目の作品。
東欧のクラコウジア(本作のために設定された架空の国)からニューヨークを訪れた旅行者ビクターが、母国の突然のクーデターにより“無国籍”状態になってしまう。
アメリカへの入国許可が下りないまま、彼は空港のターミナルで9ヶ月間も過ごすことに…。

工事中の区画に寝場所を確保し、小銭を集める方法を学ぶなど、ビクターのサバイバル生活がテンポよく展開。
ハンクスの演技は、ときとして大げさだが、英語もまともに話せないビクターの喜怒哀楽を観る者に分かりやすく伝えてくれる。

不倫に悩む客室乗務員と彼のロマンスや、フードサービスや清掃員など周囲の人々のエピソードにも心温まるが、本作で最も印象に残るのは、セットで作られたターミナルだろう。
その巨大さはもちろん、細かい部分まで本物の空港に引けを取らないリアルさ。
クライマックスには、スピルバーグらしい、ややクサめの感動が盛り込まれるが、全体を通して笑いと涙、シビアな現実と夢物語が巧みに交錯し、観ていて飽きない作りになっているのは、さすがだ。

この映画は国の事情(クーデター)によりターミナルで無国籍になってどこにもいけなくなってしまうというヒューマンドラマ。
国にはもちろん帰れないし、他の国にもいけない。
トム・ハンクス演じるビクターはなんの援助(人道的保護等の救済措置)も受けさてもらえないままターミナルに住み着くしか道はなくなった。
まず、ビクターはターミナルの中で職を探し、使われていない工事中のターミナルを住処に、いつここから出られるか分らないまま懸命に生きると言った感じでストーリーが進んでいく。
しかし、住み着かれては困るターミナル関係者はあの手この手の嫌がらせで追い出そうとするものの、生まれもった素質なのか順応力とは飛び抜けていて、しまいにはターミナル関係者の悩み相談まで受けるくらい人柄もいい。
そして恋に落ちる、その行方が気になる所。

はてさて、オイラの記憶が正しければ、この映画の原作は現実に存在していて、実際にターミナルに住み着いてしまった1人の人物を元に構成されているというTV特集をしていたような気がする。

しかし、ちょっと調べてみたら関連記事が見当たらない。
あれ?オイラが記憶しているものはなんなんだろうか?

悔しいので、深く探す事に、、、

ありました関連記事がw

フランスで16年間、空港で生活する男、『アルフレッド・マーハン』という人物。
この人物が物語の元となっているようです。
ちまたでは、1993年のフランス映画『パリ空港の人々』のパクリだという声もあるようだ。

オイラがみた特集は『アルフレッド・マーハン』の方で映画化の権利も手に入れているようです。
金額にしておよそ30万ドル(日本円で凡そ3300万円)。
しかし、本人はこのお金には手をつけず相変わらずターミナルにほぞぼそと住み着いてるみたいですw

この様子から本編とは『空港に住む』というキーワード意外は空想による物語のようです。

詳しく知りたい人は『アルフレッド・マーハン』で探してみましょう。

ストーリーや設定は上記の通りで、評価はコメディタッチのヒューマンドラマといった所か。
感動できるシーンは沢山あるのだが、ガツンっと心に残る程の作品でもなかった。
しかし、娯楽作としてはまぁまぁ楽しめる。
コメント
非公開コメント

トラックバック

http://ramus.blog36.fc2.com/tb.php/912-c0054a44