ダイヤルM - 羅夢の映画放浪記

ダイヤルM

ダイヤルM [DVD]
評価 ★★★☆☆

私が愛した男たちが、私を殺そうとしている。

ブルックリンの古いロフトで愛し合うエミリーと若き画家デイビッド。
だが彼女は実業家の夫スティーブンとともにニューヨークに住み、その知性を活かして米国大使館の側近として働いている人妻。
この不倫関係が夫にバレるのは時間の問題だった…。
しかしスティーブンはこの事実をある計画のために利用しようとする。それは、多額の保険金を狙ったエミリー殺人計画。
「セブン」のグウィネス・パルトロウ、「ディスクロージャー」のマイケル・ダグラス共演。
ヒッチコックの名作「ダイヤルMを廻せ!」を完全リメイク。
アンドリュー・デイビス監督&「逃亡者」スタッフの総力を結集した完全犯罪サスペンス。

実業家スティーヴン(マイケル・ダグラス)は妻エミリー(グウィネス・パルトロウ)の浮気相手デイヴィッド(ビィゴ・モーテンセン)に妻殺しを依頼する。
しかし計画実行の際、別の強盗が押し入り、彼女が正当防衛で強盗を殺してしまったことから、事態はおかしな方向へ…。

アルフレッド・ヒッチコックの名作『ダイヤルMを廻せ!』を、『逃亡者』などのアンドリュー・ディヴィス監督の手で現代風にリメイクしたサスペンス・スリラー。
なぜか女にいじめられる役の多いマイケル・ダグラスが今回はいじめる(?)側に。
しかし、観ているうちに何となく彼の方に同情したくなるのは、やはり今回もどことなく彼が女に振り回されっぱなしの印象を与えるからか。
オリジナルと比較するのは酷なので、キャストの魅力でそれなりに楽しみたい。

この映画はマイケル・ダグラス主演のサスペンススリラー。
正統派サスペンスといった感じのストーリー。
完全犯罪を目論むが果たして・・・っといった感じで物語は進んでいく。
原作の『ダイヤルMを廻せ!』の現代リメイクといった所か。
まぁ、サスペンスとしてはなかなか楽しめるが、得に印象に残るシーンは少ないのが残念。
見れば楽しめるが、後で思い出せないというのは、オイラだけかw
シュールなサスペンスが好きな人は楽しめるかもしれないので、興味がある人はご覧あれ。
コメント
非公開コメント

トラックバック

http://ramus.blog36.fc2.com/tb.php/933-0b48687a