プレデター2 - 羅夢の映画放浪記

プレデター2

プレデター2
評価 ★★★☆☆

再び残忍な肉食エイリアンが襲来!
今度はロサンゼルスが殺戮の舞台と化す!

ロサンゼルス──人口過密、異常気象、麻薬犯罪。
この街に蔓延する"熱"と"争い"に引き寄せられて、奴がやって来た!
より残虐に、より凶暴、新たな殺戮武器を装備した最新型プレデター。
壮絶な闘いがLAを舞台に始まった!

アーノルド・シュワルツェネッガー主演でヒットしたSFアクションの続編。
今回はシュワルツェネッガーは登場せず、舞台も1997年のロサンゼルスに移され、人間狩りを楽しむ地球圏外生物、プレデターとロス警察とのし烈な攻防が描かれる。

麻薬組織のアジトに突入したハリガン警部(ダニー・グローヴァー)たちは、そこで血の海と化した現場を目撃。
以後、組織の大物たちが次々と正体不明の敵に惨殺されていく。
しかし、連邦麻薬取締局はハリガンらの捜査を妨害し…。

夜の都市をジャングルに見立てて殺人ゲームが繰り広げられる展開。
プレデターと麻薬を結び付けるシチュエーションは、現代アメリカらしい。
監督は『ブローン・アウェイ』などのアクション派スティーブン・ホプキンス。

この映画は『プレデター』の続編、第2弾。
前作が前作だけにちょい期待してしまったが、、、「はい、やりすぎたぁ~w」
都会って・・・
都会にあんな生物が放たれたら全滅間違いなしだぜ!
なんて思ってたら、プレデターってちゃんと選別してるのねw
強いものしか狩らない、武器を持ってるやつは容赦しないが妊婦は襲わない、人間を狩るのが目的だが、戦士だと認めたら尊敬される、人間悪は容赦しない、、、
おいおい、なんか正義のヒーローみたいだなw

そして新たに都会というジャングルに対応した武器も用意してるという準備万端のプレデターに立ち向かう勇者は当然シュワちゃんだ!・・・って出てないジャンw

なんか、「都会で戦うなんてありえない」っと断ったそうです。
ごもっともな意見ですw

でも、都会に来たらきたで、それなりに楽しめるのもこの作品の不思議な所。

オイラの評価が低いのはシュワちゃんが出ると期待していたのと、出ないならそれで良いのだが、前回の主人公がシュワちゃんだけに、ちょい薄いというのが正直残念。
しかし、『ダニー・グローバー』も『ゲイリー・ビュシー』も『リーサル・ウェポン1』に出ているんだよね、、、
シュワちゃんというキャラ、あらためて濃すぎと実感w

まぁ、なんだかんだで、今回もそれなりに楽しめる作品です。

ちなみに主人公が変っているので、繋がっていないっていえば繋がっていません。
2から見てもなんの問題もないと思います。
オイラは気分的に1から見てしまうがw
コメント
非公開コメント

トラックバック

http://ramus.blog36.fc2.com/tb.php/939-bbf6b262