ブラインド・デート - 羅夢の映画放浪記

ブラインド・デート

ブラインド・デート
評価 ★★★☆☆

重要な取引先とのディナーに、見知らぬ酒乱の女性を連れて行ってしまった男を描く、エキセントリック・コメディ。

この映画は1987年に製作された、ブルース・ウィリスとキム・ベイシンガー共演のドタバタコメディ。
監督はブレイク・エドワード、『ティファニーで朝食を』等の有名な作品も数多く出している。
時間的には95分と見やすい設定。

ストーリー的には重要な取り引き先との食事会で彼女同伴という事になってしまった主人公ウォルター(ブルース・ウィリス)はガールフレンドがいない為、兄嫁の紹介で、彼女の従妹、ナディア(キム・べイシンガー)を紹介してもらう。
しかし、お酒は絶対に飲ましてはいけないという忠告を受ける。
そう、ナディアは超美人なのだが一つ欠点がある。
それは酒乱だと言う事だw
ウォルターはその忠告をすっかり忘れてナディアにお酒を飲ましてしまった。
するとナディアは予想を遥かに超える暴れっぷりで商談決裂、会社をクビにまでなってしまうはめに。
その後、彼女と関わってからというもの、元彼に大暴れされるは、ちんぴらに車を解体されるは、挙げ句の果てには警察に逮捕されてしまうという、不幸な出来事がウォルターの身に次々と降り注ぐ。

そんな不幸が続く事に嫌気がさしているウォルターだったが、ふと思うとナディアの事をいつの間にか愛している自分に気付く。
しかし、ナディアは自分のせいで不幸にさせてしまった事を負い目に感じ、ウォルターから離れようとするが、、、
果たしてウォルターとナディアの恋の行くヘは?
という感じのストーリー。
典型的なドタバタラブストーリーで見ていて疲れたり、イライラする事もしばしばあるが、ラストはスカッっとするほど綺麗に簡潔していますw

まぁ、オイラ的には勝手にして下さいっていう感じw
勝手にドタバタやって、彼女を嫌になったり好きになったり・・・
恋は盲目という事なのだろうか。。。
コメント
非公開コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2012-05-27 09:31 | from -

zebraさん、訪問ありがとう御座います。

マニアックな作品から、準新作まで網羅しようと努力していますw

新作は見たい時は映画館、それかDVDなんだけど、準新作に落ちるまで我慢してますw

あまり参考にならないかもですが、またの訪問お待ちしております。

2012-07-23 21:17 | from ラム | Edit

トラックバック

http://ramus.blog36.fc2.com/tb.php/940-19e2cb81