NYPD15分署 - 羅夢の映画放浪記

NYPD15分署

NYPD15分署
評価 ★★★☆☆

NY市警15分署に配属された新人刑事ウォレス(マーク・ウォルバーグ)は、ベテランだが実は裏でチャイニーズ・マフィアとつるんでいるチェン(チョウ・ユンファ)とコンビを組まされる。
はじめは疎みあいながらも、やがて友情が芽生えていくふたりだったが…。

多民族社会アメリカ警察機構の内部にはびこる腐敗をモチーフに、男同士のきずなを描くアクション映画の秀作。

ジェームズ・フォーリー監督の演出は70年代アメリカ・アクション映画に倣ったすぐれもので、そこにはただのドンパチを超えた人間臭さが充満している。

ワルな刑事を熱演するC・ユンファは、ハリウッド進出2本目の本作にして、香港時代に負けず劣らずの魅力を見事に開花させた。

チョウ・ユンファとマーク・ウォールバーグ出演のアクションドラマ。
2つのマフィアが抗争を続けるN.Y.のチャイナタウン。
そんな中、中国系ベテラン刑事・チェンは、白人の新人刑事・ダニエルとコンビを組む。
しかし2人は衝突し…。

この映画はNY市警15分署を舞台にした刑事もの。
刑事とマフィアの戦いだけではなく、警察内部の腐敗や抗争にも鋭くメスを入れている作品だ。
アメリカ系と中国系の民族の違うデコボココンビも見所。
衝突しながらお互いの絆を深めていきます。

主人公を演じる俳優人は得に目立つ存在ではないので、キャラがストーリーを引っ張ると言うよりは、ストーリーにキャラが溶け込んでる感じ。
心に響く作品ではないが、娯楽作としてはまぁまぁ面白いです。
コメント
非公開コメント

トラックバック

http://ramus.blog36.fc2.com/tb.php/955-43b79ed1